例会
会員

 

                   

 

 

障害者福祉聴覚・言語障害者福祉

聞こえない、聞こえにくい人達のために何が出来るか

 世界保健機関によると、世界の聴覚障害者の数は2億7500万人に上がると推定されています。見た目には障害が分からない故の苦労もありましょう。周囲の理解やサポートによって、障害による不便さを軽減するよう取り組んでいます。

青少年奉仕

 

 

青少年奉仕

国際平和ポスターコンテスト

 毎年、国際平和ポスターコンテストを開催しています。世界中の子供達に平和について考え、アートを通じて表現する機会を提供するものです。対象年令は11歳~13歳。

 

糖尿病教育

合併症により、8秒に1人が命を落としています。

 国際糖尿病連合によると、世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けています。現在3億8200万人と推定されている患者数は2035年迄に5億9200万人に増加予測されています。糖尿病は心臓疾患、四肢切断、腎機能障害、視力喪失等深刻な症状の要因となります。11月14日は世界保健機関と国連糖尿病連合が定めた世界糖尿病デーです。

 

ライオンズの名称 勇気、強い力、活動力と誠実という4つの優れた資質のために、この名称が選ばれたものです。 

 

 社会奉仕活動を職域や個人で行うだけでなく、ライオンズクラブという組織にて、世界規模のチームワークを発揮することによって、有意義な効果をあげることができるように組織された団体です。

 

 1人で奉仕をしても限界があります。

 1人1人の奉仕活動は微力ですが

 10人揃うと10人分の・・・

 1万人揃うと1万人分の・・・

 奉仕ができるという考え方です

 

              

     世界最大の奉仕クラブ組織        

ライオンズクラブは1917年、アメリカのシカゴ市で誕生しました。

創立者であるメルビン・ジョーンズは、実業家たちの集まりを地域社会に貢献できる団体にと、社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」を結成しました。

1920年カナダのオンタリオン州ウインザー市に第1号のライオンズクラブが誕生し、日本では、1952年3月にフィリピン、マニラライオンズクラブのスポンサーで東京ライオンズクラブが結成されました。北海道では、1956年札幌、1987年釧路、1958年旭川、帯広と広がりました。

ライオンズクラブは207ケ国、46,000のクラブと140万人の会員で世界最大の奉仕クラブ組織になっています。

              

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter