例会
会員

 

   ライオンズクラブ国際協会331-B地区 第3R・第1Z 

   帯広ライオンズクラブ事務局

    例会日(月~金曜 10:00~16:00)

 
    〒080-0018 帯広市西8条南6丁目4
             (卸売りセンタービル2F)
 
      TEL:0155-23-6705  FAX:0155-23-6713
 
      Email:obihirolionsclub@brown.plala.or.jp
 
 

         

         

◆331-B地区 第3R 第1Zとは

  ・331地区は日本を地区分けした北海道地区の番号。

  ・B地区とは北海道をA,B,C地区に分けた地区、

  ・第3RとはB地区を更に5つに分けた中の十勝地区、

  ・第1Zとは十勝を3つのゾーンに分けたライオンズ

   クラブの住所です。

 

   

◆ライオンズバッチの意味

ライオンの顔左右にあるのは過去を見つめ(左向き) 未来を見つめる(右向き)を意味しています。

◆LIONSの意味は

「 Liberty Intelligence Our Nation’s Safety 」


(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)

の頭文字を並べたもので、これがライオンズクラブのスローガンとなっています。

◆ライオンズクラブの目的は? 

「奉仕」こそが、ライオンズクラブのメンバーである私たちの使命です。

国連が1945年に組織されたとき、ライオンズクラブ国際協会は多くの分野で重要な役割を果たし、1947年以来、国連・経済社会理事会に対して、非政府団体の一つとしてライオンズクラブ国際協会が顧問的立場にあります。

また、盲人・視力障がい者への援助は、1925年の年次大会で、ヘレン・ケラー女史が盲人のための援助を訴えて以来、長年の間、ライオンズにとって主要な奉仕活動となっており、発展途上国の子供の失明を防ぐための病院建設等大きな成果を上げております。

奉仕活動は、社会が必要とする全方位にわたり、地球環境問題改善、献血・骨髄バンクへの協力、献眼・献腎など臓器移植、薬物乱用防止、スポーツ奨励等の青少年健全育成、高齢者福祉、身しょう者福祉、救急救命士育成・災害ネットワーク形成等災害に対する緊急対策、発展途上国への小学校建設等の国際貢献等々、行政の手が及ばない分野にも、過去の経験にとらわれず、次々とタイムリーな活動をしております。

◆ライオンズクラブの活動は?

各クラブは、その地域社会で真に要求されていることを、その目で、耳で、足で探し出し、その奉仕の方法を研究し、実践します。

奉仕は会員個人が、日常、職域、人間関係を通じて行うだけでなく、クラブのチームワークを発揮して行うことにより、また、同一地域に複数のクラブがあるときは協力することによってさらに有意義となり、効果を収めることができます。

つまり、ライオンズクラブは単なる社交クラブでもなく、寄付団体でもなく、また慈善団体でもない、国際協会を構成する一単位で、クラブの会員の力を集結して諸般のアクティビティを実行する国際的な社会奉仕団体なのです。

    

 

帯広ライオンズクラブは

 ■聴いて見て考えて努力し実施に移し、反省するグループです。

   そうでない人も若干、1名居ります。(笑)!(^^)!

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter