例会
「会長方針」          61期 会長 L、竹市 茂子
  1、会員維持、増強の推進。
             すでに複数名の退会届が出ている現状と、また会員の高齢化を考えたとき
         
近い将来、クラブの存続が危ぶまれる。
             入会者5名以上(内女性会員1名)の増強を目指す。
 
     2、継続事業の推進
           ・臓器提供推進(四献)運動の推進・維持
               献血運動の実施(37年継続事業)
               看護大学で年1回、バロー羽島店で年2回実施。目標(50,000ml)。
           ・環境保全活動の推進。
               コスモパーク羽島(旧:市民の森)の早朝清掃奉仕例会41年継続事業
               今年度は年2回実施。
            ・薩摩義士顕彰60年継続事業
            ・薬物乱用防止
                青少年を対象とした薬物乱用防止講座を年1回実施
     3、各委員会より立案された地元に根付いた新しい視点からの「We Serve」の実施。
            ・公園の砂場の除菌作業・・・環境保全
            ・食品ロス・・・・・・・・・環境保全
            ・ヘア-ドネ-ション・・・・臓器提供推進
            ・外貨回収・・・・・・・・・財務

 

上へ↑

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter