例会

大府ライオンズクラブは
大府市周辺地域で奉仕活動をおこなっています!


会長あいさつ(第49代 会長 L深谷剛寿)


大府ライオンズクラブは、1972年5月23日に結成され、今年48年目を迎えることになりました。そして、父・深谷鉄治第9代会長からちょうど40年が経ち、ここに当クラブ初の2世会長が誕生することとなり、世代交代へ入っていこうとしています。

「We Serve」

我々は奉仕するをモットーとして諸先輩方々が地域奉仕、青少年教育に活動してまいりました。時代の変化とともに事業のマンネリ化、メンバーの高齢化減少、意識の硬直化、価値観の違い等々、変わろうとしています。

そこで今年度はあと2年で50年という大きな節目にあたり、我々は奉仕する

 「共に望み」 「共に考え」 「共に行動する」

といった基本要素を大切にし、次の世代へ繋げていきたいと思います。


2020年スローガン

 「明るく、元気に、素直に、We Serve!」

 

運営方針

 1.創始の心を大切にしよう!

 2.例会を楽しくしよう!

 3.会員増強をしよう!


 終わりに、緊張感と協調性を持って、会員の皆様と有意義に一年間過ごしたいと思います。よろしくお願いします。

 

本年度三役


左より、L大嶋久邦(会計)、L深谷剛寿(会長)、L近藤健一(幹事)
一年間宜しくお願いします!
 

奉仕活動


1.青少年育成事業

1)大府市内保育園で園児と一緒にチューリップの球根植え 

2)毎年市内小学校にて薬物乱用防止教室
  

2.環境保全・社会福祉事業

1)剪定作業
 

2)交通安全の啓発
 

3)大府シティマラソン
 


3.献血事業(献血・骨髄移植推進)

 


ライオンズクラブへ


若い人が入会すると、メリットは大きいと思います!

地域社会に貢献している実感は得難いものがあり、ビジネスの成功とはまったく別の満足感があります!

若手メンバー、女性メンバーの積極的な増強を目指しているライオンズクラブに入会しませんか!

 

主要奉仕活動(334-A地区)


  • LCIF・国際協調
  • YCE(Youth & Camps Exchange)
  • アイヘルス
  • 聴力保護レオ
  • 青少年指導
  • 環境保全
  • 指導力育成   
  • 献眼・献腎・献血・骨髄移植推進

 

リンク


 

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter