例会

会長あいさつ

   このたび名古屋で4番目に結成された伝統ある名古屋イーストライオンズクラブの会長を拝命することとなりました。
 ライオンズの原点であるスローガン "Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety"「自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる」、モットー "We Serve" 「われわれは奉仕する」、ライオンズの誓い “われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する”ことを具現化すべく、クラブメンバー一丸となって進んで参りたいと存じます。

会長 寺本 充

 

 また今年は1959年に当クラブが結成されてから60年、日本の慣習では還暦にあたる節目の年です。身の丈に合ったCN60周年アクティビティや式典等の事業が、新元号「令和」の始まりとともに新たな時代の要請に応える活動となるよう、不易流行の精神で全会員の英知を結集した楽しいクラブとして奉仕活動ができますよう皆様のご協力を切にお願いいたします。

 名古屋イーストライオンズクラブのスローガンは、
「学びと挑戦で楽しい奉仕」にしたいと思います。

1. 例会運営について
 
明るく楽しい例会をめざし、全員が出席できるようにしたいと思います。会員の相互理解を深め、知性を高めることに資するよう、会員ひとり一人がスピーカーになったり、外部スピーカーを招聘するなど、例会の充実のため、皆様のご意見、ご提案、ご協力をお願いします。また、夜の例会や趣向をこらした持ち出し例会設定など新会員の方々が参加しやすいようにしたいと思います。

2. アクティビティについて
 
全員で参加する奉仕活動を目指します。労力を惜しまず、お金のみの奉仕に頼らず、体を使う奉仕活動時代の要請に合ったアクティビティを推進していきたいと思います。
 皆様全員と「奉仕させていただく」という気持ちを共有して行きたいと思います。

3.会員増強について
 
昨今のライオンズクラブが奉仕活動を進める上で、必須要件の筆頭が会員増強です。
当クラブは、現在23名の正会員、17名の賛助会員、20名の家族会員等で構成されておりますが、正会員の獲得が喫緊の課題です。
 今年度の正会員加入目標を4人とし、特に近年入会された賛助会員の方々には、是非とも早期に正会員になって活動を共にしていただきたいと思います。
 また、メンバーひとり一人が会員増強にむけた勧誘活動をおこない、奉仕活動を前進させていきましょう。

4. 年会費について
 
会員の減少により、財政の健全性を保つことが難しくなっております。
 限られた予算の中で、有効なクラブ活動をして行く為の財政方策をどうするのか真剣な議論が必要です。
 今年度の予算案で運営費が不足することから、正会員の会費に占める運営費負担が増額となっています。会員ひとり一人がクラブの組織者として運営費を負担する基本から鑑みると、賛助会員にも応分の負担をお願いせざるを得ない状況と考えます。正会員、優待会員、名誉会員、家族会員の年会費は据置きたいと思いますが、賛助会員にかかる年会費を6万円とする見直しをお願いいたします。

5. ドネーションについて
 
ドネーションは奉仕の気持ちを現す一つの方法だと思います。金額の多寡が奉仕の心とイコールとまで言いません。継続が大切なことではないでしょうか。街頭募金のようなコインでの寄付も集まると大きな額になります。例会出席者全員が、毎回少しでもドネーションするような「例会ドネーション率100%」を目指したいと思います。テールツイスターはじめ皆様のご協力をお願いいたします。

6. LCIFへのご協力について
 
LCIF寄付金のうちのMJF寄付金(1口=千ドル)目標を昨年度同様7口以上とします。
 また、会長アワード寄付金として、1口3千円程度のドネーションを募集します。集まった寄付金を、メンバー個人のMJF寄付金として登録します。

7. 理事会・例会の開催時間について
 
基本的に「ホテル名古屋ガーデンパレス」にて理事会、例会を開催し時間は下記の通りとします。

理事会   11:00~12:00
例 会   12:15~13:30
特別例会  18:00~20:00

 
幹事 西島 勇     会計 髙阪登司

 

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter