例会

2020年~2021年度 
会長挨拶

  第58代会長 L長屋宗正

平成2年度、第58代会長を務めさせていただきます長屋宗正と申します。会長として力不足のことがあると思いますが、会員の皆様の協力をいただきながら、ラインズクラブの目的のウィサーブに向かって進んでいきたいと思います。それにはクラブ会員の皆様の心を一つにして進めなくてはならないと思います。本年度のクラブスローガンは「楽しく奉仕 心を一つに ウィ・サーブ」として、各会員の皆様が例会に出てきて楽しいと思える例会にして、会員の拡大に努めていき、地域の皆様と協力し望まれる奉仕活動を行い、次の世代へつないでいきたいと思います。会員の皆様よろしくお願いいたします。

 

 

2020年~2021年度 
幹事挨拶 

  第58代幹事 L加藤京子

本年度、稲沢ライオンズクラブ幹事を拝命しました加藤京子と申します。今年度のスタートは国全土・社会全体に影響を及ぼしている「COVID-19」という、かつて経験したことのない危機の中、一人一人がどう対応し何ができるのか?を求められる中での活動となりました。このような状況下の中で、稲沢ライオンズクラブの掲げた「楽しく奉仕 心を一つに ウィ・サーブ」とは、苦しい状況下にあっても行う奉仕活動が、人々に笑顔を導けるものであるように、そして今こそライオンズメンバーを中心に地域が一丸となって、より良い未来に邁進できるようにとの願いを胸に、積極的に活動していきたいと考えています。幹事としての目標としては、長屋会長を中心にメンバーの繋ぎ役として活動がスムーズに行われるよう、楽しく情報発信を行ない相互理解を深めること。また活動を地域に発信することで、ライオンズの活動を幅広く知らしめ、会員増強に努める事を意識していきたいと考えております。一つ一つの奉仕活動を丁寧に行い、分かりやすく周りに発信していく事で、会員それぞれのライオンズを強化し、誇りを持てる一年となるよう努めていきたいと考えております。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter