例会
会員
 
   

                    

会 長 方 針

 

テーマ 『 基本に立ち返り、奉仕活動を実践しよう 』 

 

 この2年間日本・世界はコロナ禍という災禍に見舞われ、この影響で我々の奉仕活動や例会は自粛という制約を受け続けました。

今後の感染状況は予断を許さない状況ですが予防ワクチンの接種等の対策で 
”ウィズコロナ” の体制に移行してゆくと期待しています。

この中で我々ライオンズクラブの活動も順次正常化を
図る必要があると思います。月1回の理事会は開催し、
市民にライオンズクラブの活動をアピールしたいと思います。

 このようにして我々の基本である奉仕活動を実践し、活動が市民に
見える1年となりますようメンバーの皆様のご協力をよろしく
お願いいたします。


 

 

 

 

海老名飛鳥ライオンズクラブ

2022-2023年度

第34代会長 重田 勉

            

 



             

 

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter