例会
会員

世界中のライオンズは、人道奉仕活動を通じて100年間にわたって人々の生活を変えてきました。我々の100周年記念は、この節目を記念して、我々の遺産を祝福して、今後100年の奉仕に向けて気持ちを新たにするための機会です。100周年記念は2018年6月まで開催され、すべてのライオンズに祝福と奉仕の機会を提供します。

100周年記念

100周年記念の一環として、札幌赤レンガライオンズCLUBは札幌市との連携協定に基づき社会奉仕していきます。奉仕を通じて地域社会を強化することに力を合わせて取り組んでいます。
そして、2017年7月よりライオンズCLUBの新年度を迎えるにあたり、LIONS CLUB国際協会は今月で100周年を記念して発祥地、アメリカイリノイ州シカゴで6月30日より、第100回シカゴ国際大会が盛大に行われます。今期、国際協会会長のテーマは「We Serve」。LIONS CLUBのテーマそのものである「我々は奉仕する。」というシンプルなものです。


 

第14代会長 L松浦 宏治
会長スローガン
「愛と絆でWe Serve!」

331‐A地区第1R第1Zガバナースローガン
「語ろう 築こう、奉仕の新世紀」
http://www.lc331-a.jp/index.html

 

 

◆札幌市赤レンガライオンズクラブは…
北海道に代表される北海道旧本庁舎、通称「赤レンガ庁舎」の異名で道民に親しまれ、100年以上の長い歴史とともに北海道行政の中枢を担ってきた。時計台の鐘が鳴るこの札幌の地に於いて、今もなお白樺の木立の中で、四季豊かに道立文書館としてその歴史を刻み続けている。私どもクラブは、その異名をクラブ名として、限りない夢未来に向かって共に歩み続けたいと願う。

◆シンボルマーク制作意図…
北海道の厳しい風雪に耐え、私達の暮らしを守り続けてきた赤レンガ。
頑強な先人たちの開拓精神を色濃く刻んだ赤レンガ。そのたゆまぬ「希望」「信頼」「安心」の願いを赤レンガに託してシンボルマークとして表現しました。
結成:2004年2月24日

スポンサークラブ:札幌しらかばライオンズクラブ

ニーズがあるところに、ライオンズがいる
ライオンズクラブが力を合わせれば、問題は小さくなります。そして、地域は住みやすくなっていきます。なぜなら、それが地域社会であろうと世界のどこかであろうと、私たちは比類ない誠意と活力をもって、求められるままに援助の手を差し伸べるからです。

◆世界最大の奉仕クラブ組織
私たちは46,000のクラブと140万人以上の会員を擁する世界最大の奉仕クラブ組織です。ライオンズは、最も効率的な奉仕組織でもあります。ライオンズは地域社会を支援するために必要なことは何でもします。私たちはどこで奉仕をしようとも、親睦を築きます。眼鏡を必要とする子供たち、十分な食料がない高齢者、そして一度も出会うことのないかもしれない人々とも親睦を築きます。

 

http://www.lionsclubs.org/JA/index.php

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter