例会

 

☆★ページ更新しました!2020.9.6

Kobe Ikuta Lions Club

2020年~2021年度 

クラブ会長テーマ    ~不易流行 ~ 

キーワード       『新生』

 

 

・ごあいさつ

神戸生田ライオンズクラブ 会長 長谷川秀一

 

ライオンズクラブ国際協会335ーA地区1R(リージョン)1Z(ゾーン)運営委員兼、神戸生田ライオンズクラブ第56代会長 長谷川秀一でございます。

「We Serve」(我々は奉仕する)を旗印に、2018年(会員の増強)➡2019年(会員の維持・育成)➡そして今期(組織の確立)を目指しております。

会長テーマは『不易流行』であります。

ライオンズ精神の原点に戻り新生クラブを目指しております。

募金活動、環境浄化、薬物乱用防止、会員増強、市民・情報・教育・催事慰問活動の各委員会に加え、新たに3委員会を立ち上げました。

①明石市を楽しい街にしたい気持ちで「明石焼は恋のあじ」の作曲家、L猿渡由利子を中心に立ち上げた「明石焼推進実行委員会」。

 

 

②L大迫志のぶを中心に現在はクラブ例会会食中講演の「講演活動委員会」。


(写真はL桂野彩華画伯より作品紹介の様子)

 

③クラブに田畑をご提供いただいたL前川純、L明山秦幸の「農業活動実行委員会」

  

まだまだ未熟な委員会でございます。皆様、温かいお気持ちでご支援のほどお願い申し上げます。

クラブの為の、皆様の為のクラブ創造を不易流行のテーマの下、実現に向け邁進いたしますので何卒よろしくお願い申し上げます。

一人で奉仕からみんなで奉仕(ご一緒に奉仕活動しませんか?)

入会ご希望の方はご連絡をください。

クラブ事務局 事務局長 南部(なんぶ)

電話 078-862-5033 

このホームページをご覧になっている皆様も是非一度お顔をおのぞかせ下さい。

会員一同お待ち申し上げております。

 

「ライオンズクラブ」とは?

ライオンズにはダイナミックな歴史があります。

1917年、アメリカのシカゴでメルビン・ジョーンズが社会奉仕の団体として「ライオンズクラブ協会」を結成しました。

創設から3年後、1920年カナダにアメリカ国外第1号のライオンズクラブが結成され、ライオンズは国際的な組織となりました。

日本では、1952年3月5日に東京ライオンズクラブが、マニラ・ライオンズクラブのスポンサーで最初に誕生しました。

1968年には、世界規模及び地域で行われる大規模な人道支援事業に取り組むライオンズを応援するために、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)を創設しました。

また失明と闘うことで最もよく知られていますが、その他にも、地域における多くの問題に対処するためにさまざまなボランティア活動を行っています。環境保護、飢餓対策、高齢者や障害者の支援はその一例です。


「ライオンズクラブ」の目的は?

ライオンズクラブの目的は奉仕活動です。崇高な人道的奉仕の理念に専念し、国籍・主義の異なった、また国境や海や迷信などで引き離された人々をつなぎ合わせてよりよい世界へ導こうという信念のもと、活動しています。ニーズは大きく、視力、健康、青少年、高齢者、障がい者、環境、災害援助など、幅広い分野での奉仕を行っています。


ライオンズは視力を提供します。

視力検査の実施、病院や診療所の設備提供、医薬品配給、眼病教育などを行うことにより、ライオンズはすべての人に視力を提供するという使命を果たすべく努力しています。

地域における多数の取り組みと、失明撲滅を目指す国際的プログラム「視力ファースト」を通じ、ライオンズは視力保護に取り組みます。

 

ライオンズは青少年に奉仕します。

私たちの地域奉仕事業には、奨学金やレクリエーション、指導などを通して地域の子どもたちや学校を支援するものが多くあります。平和ポスターコンテスト、ユースキャンプ、青少年交換、ライオンズクエストなど、国際的な青少年プログラムも多数行っています。

 

ライオンズは援助金を交付します。

1968年以来、ライオンズクラブ国際財団(LCIFは7億ドル以上の資金を交付し、世界中のライオンズの人道事業を支援してきました。LCIFはまた、「フィナンシャル・タイムズ」紙による2007年の調査で、非政府組織(NGO)ナンバーワンに選ばれました。

 

ライオンズは、災害が起こった時に援助の手を

差し伸べます。

財団とライオンズは共に力を合わせ、自然災害の被災地に食糧、水、衣類、医療品などの緊急支援物資を提供しているほか、長期的な復興作業にも協力しています。

 

スローガン

LIONS (Liberty Intelligemce Our Nation's Safety)
自由を守り、知性を重んじ、我々の国の安全をはかる

 

モットー

We Serve 我々は奉仕する
ライオンズは世界規模の奉仕ネットワークを持ち、地域社会のために必要なことには努力を惜しみません。


ライオンズの誓い

我々は知性を高め、

友愛と相互理解の精神を養い、

平和と自由を守り、

社会奉仕に精進する。


ライオンズ紋章

紋章の中央の円には「L」の文字がデザインされています。縁飾りの円には2頭のライオンの横顔が、中央から外に顔を向けて配置されています。一番上には「LIONS」という文字が、一番下には「International」という文字があしらわれています。ライオンは過去と未来の両方を見つめています。これは伝統への誇りと未来への自信を表しています。

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズは毎日、地域そして世界のニーズに対応しています。それは、自分たちの地域社会に奉仕することがライオンズに共通の根本的な 信念だからです。

ライオンズクラブに関する詳細は、http://www.lionsclubs.org/JA/index.phpをご覧ください。

 

ライオンズからのお知らせ‼️

ライオン誌日本語版2020年9.10月号が出ました。

下記にアクセスください。↓↓↓

https://www.thelion-mag.jp/

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter