例会
会員

相模原シティライオンズクラブ

Lions Clubs  International 330-B District 13R-1Z

 

 

相模原シティライオンズクラブ   

第14期 会長テーマ      ​

 『未来につなげる奉仕活動』      


 

                  会  長 : 井筒 和美

                  幹  事 : 堀内 伸一

                  会  計 : 蛯谷 徹

                  ライオンテーマー : 和田 修房

                  テールツイスター  :  下村 一夫

 

相模原シティライオンズクラブ 

第 14 代  会 長   井筒 和美

今期活動方針

         ○ 当クラブ独自アクティビティの実施

         ○ 青少年健全育成

         ○ 労力奉仕の拡大

         ○ 例会出席率の向上

         ○ 会員増強

         ○ メンバーの交流・親睦

 

会長テーマ 『未来につなげる奉仕活動』

 我々相模原シティライオンズクラブは、初代結成会長のテーマ「地域に根ざした奉仕」から13人の会長が各々のテーマを掲げ、様々な奉仕活動を行ってまいりました。その全ての活動が時代を反映し、地域に求められる奉仕活動として今日の私たちの誇りと自信になっております。

今14期、私はライオンズクラブとしてベースアクティビティとなっている「盲導犬育成支援募金」や「赤十字献血支援活動」に加えて、我がクラブとして独自性のある奉仕活動を育てていきたいと考えております。

その一つが、前樋本会長期に開催依頼が急増しました小、中、高校での「薬物乱用防止教室」です。学校側からの要請で準備時間のあまりとれない状況にもかかわらず、我がクラブの対応力の高さが評価をいただき、今や我がクラブの主力アクティビティとなりつつあります。引き続きクラブ内の認定講師の資格保有者を増やし「薬物乱用防止教室」をクラブ全員で支えていく気構えで取り組みたいと考えております。

さらに「夢応援プロジェクト」による相模原市子ども・若者未来基金への寄金は子供達、若者達の未来へ目を向けた新しい奉仕先としてアクティビティの可能性を広げてくれました。様々な活動で、この基金を支援できると感じております。

この新たなムーヴメントを継承するべく、私は今期会長テーマを「未来につなげる奉仕活動」といたしました。「薬物乱用防止教室」「相模原市子ども・若者未来基金」への活動を柱に、これから日本や世界を担っていく次世代につなげる奉仕活動を新たなクラブの基幹活動として育てていきたいと考えています。そして将来、その次世代から新しいリーダーが生まれ我々ライオンズクラブの仲間としてつながっていくことができれば最高ではありませんか。

 

また、当然ライオンズですから友情を深めるのも大切なアクティビティです。貴重な時間を費やして集まったメンバーが楽しく、お互いを尊重し合い、有意義なライオンズライフを送れるようなプログラムを企画、実行していくとともに退会者ゼロ・会員数純増をめざしていきたいと思います。

 

最後になりますが、今期メイン事業として我がクラブ主催のエンターテインメント型アクティビティ、チャリティーコンサートを企画いたします。和楽器のオーケストラを招き“華(ハナ)”あるアクティビティとして地域に注目される内容にするとともに、収益金を次世代に向けた未来への寄金として地域に還元していく所存でございます。


 

 

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter