例会

2017-2018(52年次)
会長テーマ             「健康でエンジョイ!ライオンズ」
    会長 間嶋 順一

 

52年次岩槻ライオンズクラブ基本方針

 昨年度は、世界ライオンズが100周年を迎え、また岩槻ライオンズクラブも4人目のガバナーを輩出するなど、記念となる年次となりました。

 当クラブも結成52年を迎えるというこの時期、更なるクラブの永続を考える場合、メンバーの『健康』を抜きには語ることができません。健康であるがこそ家庭生活を不安なく過ごすことができ、またライオンズライフにおいては、クラブ例会への出席、委員会を通じたアクティビティに参加できるということです。

 そこで52年次の会長テーマを

「健康でエンジョイ!ライオンズ」

ワクワク! アクティブ! 愛! ライオンズライフ

とさせて頂きました。

「ワクワク」と心ときめかせ、健康で「アクティブ」に行事や奉仕活動に参加し、クラブをまたクラブメンバーを「愛」し、お互いを心遣いながら、この1年を楽しく、充実とした「ライオンズライフ」を皆様とともに過ごしていきたいと思います。

1、『健康』を見つめ、『健康』に関する取り組みを積極的に実施

 クラブメンバーとしての基本はまず『健康』であると考えておりますので、本年度は『健康』を見つめる時間の確保、また『健康』に関する取り組みを積極的に実施していきたいと思っています。

 なお、誕生日祝いも、もちろん健康に関するグッズといたしました。

①健康フェスティバル(仮称)の実施

例年9月第一例会(月曜日)で行っている献血例会を『健康フェスティバル』(仮称、土曜日に実施)とし、献血支援事業のほか、SAMのダンス教室、健康セミナー(身体・精神・介護等)、健康クイズやゲーム、各種の年齢測定、ライオンズクラブのPR、アイバンクのPR、介護用品の紹介など、駅前を1日借り切り、市民とともに『健康』を見つめ、『健康』を考える日にしたいと思っています。

②『健康』をテーマとした講師例会の開催
 本年度は例年より『健康』に関する講師例会を多く企画(アルコール、食事に関することも含めて)しメンバーへ『健康』に関する情報を提供していきたいと思っています。

2、クラブ例会の在り方をともに考え、参加しやすい例会の実現

​ 昨年度末の例会で実施いたしました「メンバーディスカッション:出席率の向上に向けて」において、例会の在り方などを議論いたしました。頭の中では「こうあるべきだ」「こうすべきだ」ということは描けても、現状とはかい離しているのではないかという意見もありました。本年度は入会年次の浅いメンバーや出席ができていないメンバーにも議論の輪を広げ、中長期的な視点に立って、今後の例会の在り方や委員会活動の方向性に関しての問題意識を共有し、それをクラブ例会等に活かした運営を行っていきたいと思っています。

 以上の大きなテーマを2つを基本方針の重点施策として取り組んでいきたいと思っていますので、メンバーの皆様のご支援とご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

52年次 岩槻ライオンズクラブ 役員理事

会長:間嶋 順一
幹事:池田 尚司
会計:大槻 忠男
ライオン・テーマー:前田 左近
テール・ツイスター:金井 広

前会長:馬場 裕彦
第一副会長:小山 宏美
第二副会長:須賀原 眞弘

監査:吉田 毅彦
監査:川崎 勝久

会員二年理事:矢部 武
二年理事:多ケ谷 三千雄
二年理事:竹内 光男
二年理事:中村 正
二年理事:矢作 恒良

会員一年理事:小宮 彰
一年理事:金沢 和俊
一年理事:高橋 仁志
一年理事:野島 正美
一年理事:丸山 正董

会員委員 佐藤 正志

52年次 各委員会事業計画

「第1副会長担当」第1会長 L小山 宏美

 1. 出席・計画委員会
  委員長 L花田 伸介 副委員長L萩原 良咲 副委員長  L須賀 亨

(1)  例会等の案内及び出欠席者の確認・把握、メークアップの案内
(2)  例会出席率向上の手段の検討
(3)  年間計画予定表の作成
(4)  例会当番の指名
(5)  各例会の企画・立案及び実施
(6) 納涼例会・忘年例会・新年例会・家族会・
          
​    さよなら例会の企画・立案及び実施

2.会則・財務委員会
 委員長L長野 晋睦 副委員長L丸山 正董 副委員長 L大島 道雄

(1)  クラブ予算及び各委員会予算の審議
(2)  クラブ会計業務に関する管理・監督
(3)  クラブ内規及び慶弔規定の検

3.会員・指導力育成委員会
 委員長L矢部  武 副委員長L井藤  仁 副委員長L小宮  彰
(1)  新入会員増強
(2)  新入会員入会式及び歓迎会の実施
(3)  会員オリエンテーションの実施

4.IT/PR情報委員会
 委員長L野島 正美 副委員長L矢作 恒良 副委員長L岸波  功
(1)  ポケット会員名簿の作成
(2)  1年間の記録として会報「友愛」の発行
(3)  ホームページの更新によるクラブのPR
(4)  ITを利用し、便利で豊かなクラブ運営を目指す

「第2副会長担当」 第2副会長 L須賀原眞弘
1.保健事業委員会
 委員長L髙橋 仁志 副委員長L林 承弘 副委員長L 伴戸 武三
(1)  献血例会の実施(9月・3月)
(2)  埼玉県腎・アイバンク協会への寄附金募集
(3)  献眼・献腎・骨髄バンク登録の促進と啓発活動

2.青少年育成委員会
 委員長L吉田 毅彦 副委員長L濱野 雅司 副委員長L石山 雄一
(1)  市内小・中学校仲良し会との交歓会の実施
(2)  日韓図画交歓会の企画・実施

3.環境保全委員会
 委員長L志岐 達也 副委員長L小宮 康弘 副委員長L竹内 敏雄
(1)  フラワーボックスの花の植え替え実施
(2)  地域の清掃活動の計画と実践(花の植え替え時)
(3)  岩槻祭りへの参加及び協賛金の募集・懇親会の実施

4.薬物乱用防止委員会
 委員長L丸山 泰幸  副委員長L内藤 悦夫 副委員長L松永 大祐
(1)  薬物乱用防止教室の開催
(2)  薬物乱用防止教育講師の育成
(3)  地区が開催する薬物乱用防止教室の認定講師養成講座への参加

 

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter