例会
会員



 

       会長テーマ

  『 健体康心みんなで奉仕 』

この度 伝統ある姫路白鷺ライオンズクラブ第57代会長に就任することになりました牧野康博と申します。

歴代の会長とは違いまだまだライオンズクラブが浅く、私自身なにが出来るか不安ですが、この浅さが逆に今後の姫路白鷺ライオンズクラブにとって良い方向に進むことが出来ますよう誠心誠意尽力して参りたいと存じます。

また今回テーマに上げました“健体康心みんなで奉仕”の通りライオンズライフを送るにあたり、まずは健康ということが大事です。この健康は身体もそうですが、会社も健康でなければなりません。そのためには役を与えられた人だけが負担を負うのではなく、みんなで協力しあってそれぞれが達成感を得られるような活動にしたいと考えておりますので、何卒、ご協力ご指導頂けますようお願い申し上げます。

運営方針

近年 ご高齢の方がご高齢の方を介護している高齢化社会となってきております。これはライオンズクラブにも当てはまっており、そのためどんな奉仕をするのが皆様に喜ばれるかと考えた時にふと“健康“という言葉が頭に浮かんできました。

そもそも健康とはどんな状態のことを言うのでしょうか?

“病気でないこと”確かにそうなのですが、これだけが健康ということではありません。

健康とは「健体康心」すなわち健やかな体と康(やす)らか心という四字熟語が縮まって出来た言葉で、与えられた命を本当に健康に生きるためには体の健康だけではなく、毎日を楽しく生きるという明るい心、安らかな心、すなわち心の健康も大切です。

そこで私の得意分野である運動でこの両方の健康が育めるのではないかと考え、事業ではスポーツを介してみんなで奉仕をし、運営では健康になるためのイベントを盛り込んでみんなで参加をし、より一層の健やかな体と心をみんなで育んでいくことを運営方針といたします。

そのためには皆様のお力添えが必要となりますので、何卒ご協力頂けますようお願い申し上げます。 


姫路白鷺ライオンズクラブ
会長 牧野 康博

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter