例会

 2018年度 334複合地区スローガン
     「WE Serve」 前向き思考で真の奉仕と大きな感動
 2018年度 334-B地区スローガン
     友愛と奉仕で築け 人々の幸せ ―原点回帰―

2018年

羽島ライオンズクラブ

 第59代 会長 L.北川 晴一

【会長所信表明】

 

まず初めに、羽島ライオンズクラブ第59代会長に就任いたしましたL.北川です。1年間よろしくお願いします。

 我が羽島ライオンズクラブは来年60周年を迎えます。今年の会長は、その60年の伝統を踏まえ周年行事の準備期間と心得ており、次期会長ともよく打合せ、今期より準備をしていきたいと思っております。

 まず今期の予定といたしまして、環境保全委員会ともよく相談をし、市民の森羽島公園の清掃を縮小し別院の「藤の花を守る会」に協力をしたいと考えております。早朝清掃奉仕を年2~3回にし、藤の花の手入れを年2~3回お手伝いができたらと思っております。その他、薩摩義士顕彰・献血・YCE・若獅子への協力は従来通り実施する予定です。

 当初申し上げた来期への準備としては未定ではありますが、60周年には会員全員の1000ドル献金ができたらと思っております。この事業は財務委員長のL.所ともよく相談をしていきたいと思っております。

 また、昨今の報道によりますと、小学生・幼児に対する犯罪が多発しており、学校に協力している「見守り隊」のメンバーがその犯罪に手を染めているのをみますと心が痛みます。ライオンズの皆さま、今の私にはこの状況にどう対処をすれば少しでも社会の役に立つのかがわかりません。皆で知恵を出し合い絞っていきたいと思っております。

 最後になりますが、この1年間皆さまのご協力なしに羽島ライオンズクラブは成り立ちません。ご協力のほど、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

 


 

上へ↑

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter