例会

海老名飛鳥ライオンズクラブ

会長テーマ 「阿吽の呼吸」

「啐啄・そサつツたスくュ)啐啄(そつたく)同ッ時・どヌう、じカ)同時(どうじ)」という言葉があります。これは鶏が誕生するとき雛が殻の中からくちばしでつつくとそれに応じて親鳥が殻の外からつつく。この両者の行為が一致したとき、卵の殻は割れて雛が誕生するという意味です。親鳥が殻を外側から早くつつくと雛は未熟児のまま誕生してしまいます。反対に雛が殻の中で十分に育っていても親鳥がそれに気づかないと死産してしまいます。両者時期尚早に関わらず殻をつつくと奇形児が生まれてしまいます。この両者の関係は「悟り」を表すものですが、何かを伝えるにはあくまで一対一の心のふれあい関係が大切だということです。

心と心が一致したとき、事が結実するものだと思います。

 

「啐啄同時」のごとく会員同志互いに心を一つにして一年を送りたいと思います。

皆様のお力添えを賜りながら意を全うしたいと思います。ご協力をよろしくお願い致します。

 

                     第29代会長  三田村 伸生

 

 

 

ライオンズクラブ国際協会は世界200以上の国と地域のおよそ46,000のクラブに140万人以上のメンバーを擁する世界最大の奉仕クラブ団体です。

ライオンズクラブ国際協会ニュース
Connect with Us Online
Twitter